WHO(世界保健機関)が”ヘンプ製品”の効果を認める

世界保健機関(WHO)は、”ヘンプCBD オイル”などのサプリメントに、かなり効果があると容認しまし た。先月宣言されたWHOの報告書によると、ヘンプにはや生き物に不都合のある要素は一つも含ま れておらず、完全に安全なサプリメントであるとのことです。

エキスパートはさらに、ヘンプは一部のサプリメントにあるような、「刺激させて健康的になったよう に勘違いする」ような機能ではなく、「きちんと身体に健全に働きかけ、精力的になる」と述べ、 WHOもそのレポートで、「効果が切れると逆に気だるさや疲れが打寄せることもない、最近まで無かったタイプのサプリメント」と記しています。

「現在、ヘンプを用いることでコンディションが悪くなったり、眠けや気だるさなどのフィーリングを感じたという事例は知らされていない」と報告には記されています。

報告はさらにこう続きます。「このサプリメントの見事な効果が証明されたことで、すでにいくつか の国がヘンプをマーケットで販売するため、凄まじい競争が突発している」だがアメリカでは、と報告書 は続きます。

「いまだにアメリカ連邦はヘンプの正式な販売通販に前向きではない、しかし、にも関わらず、個人的 ながら、外国からわざわざ取り寄せてヘンプを愛用者が急上昇していることで、ヘンプの評判と注意  を強めることに一役買っている」そうして通販できるたくさんのアメリカのヘンプ利用者や、他の同様 に個人的にサプリメントを取り寄せる人びとに警告しておきたいのは、

ヘンプの影響力で、ヘンプだけ でなく他のサプリメントをインターネットで取り寄せることが大流行となりつつありますが、一部の品物は、場所によっては購買することが法に逆ってしまうこともありますので、サプリメントを購買する 時は用心して貰いたいということです。

この報告書全般を通して、ヘンプに対するネガティブな評価はほぼありませんでした。「製造元から発売されている正式なヘンプに関しては、これまであやふやだった、内服するサプリメントの、深刻なもの、悪いなものと、そうでないものよ識別を明瞭にさせるようなサプリメントになりうる」と、WHOも希望を寄せています。

事実、麻薬を根こそぎ一掃することを目標に行動するアメリカの非営利的組織、”NORML”も、「ヘンプを用いることにまったく課題のない、健康なサプリメントとして明瞭に提出し、麻薬とそれに似ている 品物への宣戦布告とすべきだ」

という態度を示し、WHOの報告書に同意しています。NORMLは9月に、アメリカ合衆国食品医薬品局 (FDA)に対し、このWHOの報告書などを裏付けとして挙げ、ヘンプの安全性と健全性への効果を証明 した上で「ヘンプの応用を抑制するべきではなく、まずはアメリカ合衆国で正式に販売するべきである」 との見出しの資料をプレゼンしました。

これまでにも、展開の一途をたどる、このヘンプ商品のマーケットに対する評価や認知をいろいろに変えてきたFDAを含め、いくつかの重大機関からのWHOへの問い合わせによって、アメリカ合衆国でのヘンプの販売や通販の大づめ的な決断が出されることになりそうです。

たぶんその時のディスカッションの核心となるのは、「WHOの報告書によって効果を裏付けされたヘンプを、アメリカ合衆国のマーケットで取りあつかうにおいて、単なるサプリメントとして気軽に注文 出来るものにして良いのか?

お医者さんの診療や処方箋、用法や用量のシビアな指示などを打ち立てる必然性はあるのか?」というところだと思われます。

➡️ CBD製品の通販ガイドはこちらから

投稿日:

Copyright© CBDオイル・リキッドの通販最安値ガイド!【Hemp CBD Products】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.