CBDの効果は?研究論文と30種類以上試してきた口コミまとめ

CBDのレビューで効果を見かけますが、研究論文などの根拠が曖昧で信用できません。ということで、期待できる効果と研究論文を調べあげました。最新の研究でどのような効果が期待できるのか、わかりやすくまとめてあります。個人的な感想だけでは信じられなかったって方も、ご参考になるかと思います。

私自身が30種類以上使ってきた体験談も交えてご紹介していきます。

*疾患の改善を謳うためではなく、研究が進んでいる欧米の事例を知って欲しい!という意図で作成しています。

効果の前にアメリカ食品医薬品局FDAの見解も

アメリカ食品医薬品局(FDA)のCBDに対する見解:違法であるべきでない

研究結果https://www.civilized.life/articles/fda-says-cbd-should-not-be-illegal/

CBD・カンナビジオールの効果・効能

アルコール中毒・お酒

アルコール中毒再発予防に使えるかもしれない、という内容です。

CBDはアルコール中毒再発の予防に役立ちます

記事https://www.upi.com/Health_News/2018/03/23/Chemical-from-marijuana-could-help-prevent-drug-alcohol-relapse/6251521821830/

てんかん

CBDとてんかんに関する細胞レベルの研究。エンドカンナビノイド受容体と関係ないそう。一般的なてんかん薬とは違うメカニズムでの効果が期待される、という研究です。

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov//pubmed/30258398

うつ病

脳の機能障害をバランスを整える可能性を示唆。精神病における治療効果の可能性?

CBDの精神病治療のメカニズム

記事https://jamanetwork.com/journals/jamapsychiatry/fullarticle/2697762

脳・脳神経

NMDA媒介性発作を減少させ、シグマ1受容体による脳卒中の損傷を減少させる。

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov//pubmed/30223868

ガン

子宮内膜がん治療に関する研究

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29441458/

CBDと化学によるオルタナティブ療法の癌生存率

記事https://www.forbes.com/forbes/welcome/?toURL=https://www.forbes.com/sites/daviddisalvo/2018/07/31/study-cbd-from-marijuana-plus-chemotherapy-triples-cancer-survival-rates-in-mice/&refURL=https://t.co/oAw5maECXQ&referrer=https://t.co/oAw5maECXQ#55bf96494630

鎮痛・頭痛

片頭痛、線維筋痛症、過敏性腸症候群に対するメリット。

片頭痛、線維筋痛などの治療に関する研究結果

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18404144/

Using CBD Oil for Pain Relief

記事https://internationalhighlife.com/cbd-oil-for-pain-relief/

ストレス

Cannabidiol as a Therapeutic Alternative for Post-traumatic Stress Disorder: From Bench Research to Confirmation in Human Trials.

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30087591

禁煙

カンナビノイドはニコチン中毒に役立つかもしれないと新しい研究は示唆

記事https://420fourtwoo.com/cbd-help-nicotine-addiction-science-suggest/

スイスのスーパーマーケットでは、タバコの隣にCBDがおいてある

記事https://herb.co/marijuana/news/swiss-supermarket-lidl-cbd-cigarettes

急性腎不全

急性腎不全に対する、腎保護作用の基礎研究

研究結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29897289

ペットの不安・ストレス

ペットに関する試験も積極的に行われています。

カナダは、動物の不安を治療する臨床試験を承認する

記事https://www.thestar.com/news/cannabis/2018/08/08/cannabis-company-begins-first-federally-approved-study-of-cbd-treatment-for-pets.html

難病向けCBD新薬開発がスタート

まだまだ手を出しづらい価格ですよね。病院で処方される日が早く来てほしいです。

米大手製薬会社が難病向け臨床開発プログラムを開始

記事http://www.empr.com/drugs-in-the-pipeline/cannabidiol-oral-solution-prader-willi-syndrome-obesity-diabetes/article/733185/

WHO(世界保健機関)が安全性を証明

権威のある機関が安全性を証明していると安心感がありますよね。WHOがCBDの安全性を証明したことは記憶に新しいです。

公衆衛生上のリスクがないか、CBDの潜在的な可能性を示唆するWHOの報告

記事https://www.forbes.com/sites/janetwburns/2017/12/11/who-report-finds-no-public-health-risks-abuse-potential-for-cbd/#5e6fd4c46b88

実際に使ってみた感想

実際に5年近く使い続けてみて、やっぱり睡眠の質向上は実感しています。寝つきが良くなると言うよりは、夜中に起きる回数が減りました。寝る前の1時間前に使うのがルーティーンになっています。お酒のように次の日まで残っていることもないです。

また震災の時も助けられました。気分が落ち着いてリラックスできますね。

口コミサイトや商品レビューで「食欲が湧いてきた」というのは、ちょっとわかりませんでした。

あと禁煙まではいきませんが「節煙にはなっている」という話は友人の間でよく聞きます。実際にニコチン中毒の緩和に使われている国もあるみたいですから、信ぴょう性はあるのかな、と。

集中力に関しては、コーヒーとはまったく違う感じだと思います。コーヒーは頭を使わない単純作業に向いてる感じですけど、CBDはリラックスできるので、創造的な仕事の効率は良くなると感じています。

お疲れのビールとの相性も抜群です。初めての方にはおすすめしませんが、慣れてきたら一緒に使っても悪い影響はないです。

最後は喘息薬の代わりに使っています。2018年の秋は花粉症で夜中に発作が起こることが多かったんですが、吸入器を一度も使うことなく過ごせています。心臓に負担のある薬なので、即効性はないですが、助かりました

個人的な感想をまとめると、

  • 夜中に起きることが減った
  • 気分が落ち着いてリラックスできる
  • 節煙できたって話をよく聞く
  • ビールと一緒に過ごす時間が楽しくなった
  • 喘息吸入器の代わりになった

そんなところでしょうか。

肝心の成分が少ない製品に注意!

表記された成分量より少なすぎる製品がある、と問題になっています。

CBD products are a rip-off for medical marijuana users, study finds

記事https://news.vice.com/en_us/article/595wyn/cbd-products-are-a-rip-off-for-medical-marijuana-users-study-finds?utm_campaign=sharebutton

成分分析表が明らかにされている、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

効率よく健康にアプローチできるのは?

CBD単体よりも、ヘンプの栄養素を丸ごと含んだ「フルスペクトラム」の方が健康増進効果(エントラージュ効果)が期待できるという研究結果です。

CBD単一よりフルスペクトラム性の方が有効である

研究結果https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fneur.2018.00759/abstract

健康増進効果で選ぶなら「フルスペクトラム」

スロベニア産のファーマヘンプ社の製品はほとんどがフルスペクトラム仕様です。中でもプレミアムブラック・リキッドはヴェポライザーで吸引するので、吸収率もイイので効率よく健康増進にアプローチできます。

Pharmahemp Premium Black CBD E-Liquid Cannnabis Flavor

  • 9.800円(5%濃度)
  • フルスペクトラム
  • オススメ度:

あと濃度55%のCBDワックスも人気急上昇中です。

PHEC 高濃度CBDジェルワックス 1g

こちらも気化させて吸引するので吸収率がよく、コスパも高いです。

  • 8.000円(55%濃度)
  • フルスペクトラム
  • オススメ度:

他にも経口摂取オイルや高濃度ペースト、クランブル、シャッターなど、国内で手に入るほとんどすべての製品をご紹介しているのでご参考にどうぞ。

 

更新日:

Copyright© CBDオイル・リキッドの通販最安値ガイド!【Hemp CBD Products】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.