CBDオイル・リキッドの通販最安値ガイド!【Hemp CBD Products】

CBDオイルやVape用CBDリキッドの通販ガイド!一番安いサイトは?

CBDオイルの容量と濃度について

CBD Is The Best Anti-Inflammatory, Anti-Cancer, Anti-Anxiety Superfood You're Not Eating on Ratno Wistu's Flickr

CBDオイルを購入する前に知っておきたいことはイロイロありますが、一番大事なのはやっぱり「濃度」です。

もっとも一般的な液体タイプのCBDオイルは液体全体の容量とそこに含まれているCBDの容量を、そこから計算された濃度がパーセンテージで表記されています。

液体の容量は10ミリリットルのものは、CBDの容量は500ミリグラムで濃度は5%という表記になっています。CBDの容量が5000ミリグラムの超大容量は、液体の容量は240ミリリットルもあり濃度は2%になります。

濃度が高いと液体を摂取する量を減らせるが、用量を間違えると過剰摂取になってしまう恐れがあります。しかし過剰摂取した場合の重篤な副作用は報告されていないため、余程の事がなければ過剰摂取をしても問題がないです。

濃度で選ぶなら小さい瓶、CBDオイルの総容量でみると大きな瓶と考えるとわかりやすいと思います。

CBDオイルを選ぶ時には、容量と濃度を必ず確認します。

濃度が低い製品であると効果をを実感しにくい事があるため、初心者は濃度が5%程度の製品から始める事がおすすめです。

関連記事:

通販最安値!Pharmahemp CBD 5%(500mg)10ml を激安購入しよう!

効果を実感出来たら、思い切って徐々に濃度が濃いものに変えていくといいですよ^^

公開日: